地球が怒っている……

2010/08/28 12:24
この連続の猛暑はさながら地球の怒りだ。
人間だけが、便利さや快適さを追求したばかりに、この小さな地球が怒っている。
怒られているという自覚をもちながら、では、自分は何ができるだろうと考えることこそ必要なのだろう。

内の風景

2010/08/25 15:47

ふだん問の扉は閉まっている。私は「会員制」だからと笑って言ったりしている。
本来は、いつでも門は開かれていなければならない。
でも閉まっている。
もちろん左の潜り戸は、朝7時頃から夕方6時頃まで、鍵はかかっていない。
[内の風景]の続きを読む

外の風景

2010/08/16 15:38
[外の風景]の続きを読む

今年の祭礼

2010/08/15 15:27

町会会館前の風景。

 今年の富岡八幡宮の祭礼は8月15日だった。
暑かった。
[今年の祭礼]の続きを読む

帰ってきた

2010/08/01 14:59
修行道場では、季節のことを夏(げ)という。そして修行期間は、雪と夏の季節です。
だから三ヶ月から四ヶ月の期間が過ぎてみれば、半年が終わったともいえるのです。
陽岳寺の次の世代が帰ってきたのが、8月1日だ。
通年すれば3年と半年になる。僧籍を取得しようとすれば、その期間があれば、マズマズはご苦労さんだったと。
だけれども、これからが、僧としては本格的な学習の期間に入っていく。
修行で体験したことを、言葉にしなければならないからだ。
この言葉も、話し言葉や文章だけではない。
黙々とする立ち居振る舞い、作努にも、言葉が発散されていなければならないだろう。
このようにいうと、自分はそうできているのかと反省しきりではあるが、でも、その通りであることは昔の祖師方を知れば良く理解できる。
お寺からでも、一歩外に出れば、難しい言葉はいらない。
今、ここの言葉こそ、自己を表現する言葉だから……
 Home