そしてデルのINSPIRON ONE2301

2011/04/16 09:45
もはや、私の愛機となっている。

こんなに困らせて、昨日は7時間かけて、正規のウィンドウズ7からはじめてインストールした。

ウィンドウズ7が完璧にインストールされた後、デルのドライバーとユーティリテーをインストール。

とても順調にインストールされ、オフィスプレミアム、会計王、一太郎創、ホームページビルダーをインストールした。

ソフトが動いて、順調のように思えたが、そこで、クラッシュ。何回か電源を強制終了してもクラッシュ。

この愛機、続けて電源を入れているとクラッシュの連続で、少し頭を冷やせとというのか、一時間ぐらい機械を冷ましてあげると、言うことを聞く癖がある。

何度かクラッシュを繰り返したが、別の機種でデルサポートにメールを入れて、昨日は終了。

さて、本日、デルのサポートから電話が入り、里帰りとなることが決まった。一週間から10日になると言われたが、そのくらいは、我慢する。一ヶ月でも元気に働ける姿となって帰ってきてほしい。

やっと、愛機が愛機としてあるためには、デルのサポートの根気強さが必要だったのだ。感謝している。電話の向こうも、人柄が伝わってくるのだ。今日は仕事が休みだったが、気になって出社したという。

そういえば昨夜も電話があったが、履歴に電話をコールバックすると、発信専用の電話だったのだ。

しかし、この余震のさなか、原発の不安のなか、何をしているのだろうと、東日本の地震と同時進行のような気もする。

火曜日に、この愛機は旅立つのだ。

再びデルPC

2011/04/14 19:35
昨日、デルのサポートと電話がつながり、PCにかかりっきりで、調べたところ、機械本体より、ウィンドウズが壊れている可能性があるからと、伝えられた。

ハードドライブが不良と診断されたのは一回で、その都度の、システムチェックはすべて、コンプリートで完全。

でもすぐにクラッシュする。

クラッシュすることが完全なのか、よくわからない。

1月13日にPC本体が手に入り、14日にリカバリーディスクを作り、2月の8日に初めてのクラッシュ。

その後、2月の末になると、何回かクラッシュ、3月になって、クラッシュする頻度が多くなり、ついに、リカバリーディスクでリカバリーするも、クラッシュ。

そこで、ウィンドウズ7のホームプレミアムの購入を進められた、というより、買わなければ直らないかもしれないと……。

なんか変だよね、もともと付属していたウィンドウズ7がインストール済みなのに?

ウィンドウズがおかしいなら、ウィンドウズ7を新たに提供しなければならないはずと思うが。

明日、正規のウィンドウズ7をインストールすることになっているが、もし、それでもクラッシュしたら、本体に欠陥があることになる。

デルの個人ユーザーのサポートは、中国のどこかにあるのです。2時間ぐらい電話がつながりっぱなしで、デルの電話料金を心配したくらいでした。

ほんとは、機種を交換してもらいたいが、日数が経過しているので、無理だという。

デルのサポートはちょっと疑問だ。

でも昨日つながったサポートの男性は、一生懸命に応対してくれたのです。

バックアップ

2011/04/12 11:38
さて、外部ハードディスクを購入し、バックアップし、他のPCにソフトウェアーを入れ直し、何とかインスパイアー無しでも動かすことができるようになったが、大きな画面は魅力なのです。

この後どうするか?

昨日も、クラッシュは続いている。でも電源を落として、しばらくするとウィンドウズが立ち上がるから、迷ってしまう。

デルに聞けば、電源を入れた後すぐにF12で、システムチェックしてくれと言うが、何も問題ないみたいだ。

以前、ハードディスクが不良と書いてあったが、それも、今は出ないのだ。

困ってしまうのだ。

たびたびのクラッシュに…

2011/04/11 17:24
デルのPCだが、あの後たびたびクラッシュする。

サポートに電話したとき、サポートする人の担当者は決まっていない。

電話をすると、サービスタグ(PC本体の背中に小さい字で書いてある)を常にいわなければならない。

PCの電源を切って、再度電源を立ち上げ、F12のキーを押し続けてくださいと言われる。

その通りにし、システムのチェックをするとエンターすると、なんと、2時間近くかかるのだ。

システムチェックが終わって、見ると、コンプリートとなる。

再度PCを立ち上げると、通常モードでウィンドーズを立ち上げるかと聞いてくるにで、そうしてとエンターを押すのだ。

ウィンドウズが立ち上がるが、しばらくすると、クラッシュする。

これを午前中から3回したら、何をしているのだろうと思うのだ。

でも、立ち上がることもあるので、そのまま使用しているが、困ってしまう。

本体を返品しようかとも思うが、サポートにつながらないのだ。

うながすものは……

2011/04/06 15:20
昨夜、京都の禅寺の奥さんと電話で長話しているときだった。
小さな予震があった。
「揺れるのですか?京都では、ほとんど揺れることはありませんが、大変ですね」
東京では、ここ何日か大きな地震は感じられなくなっている。
小さな地震は、いくつもあるようだが、少し静かなようで、それも不気味に感ずるモノが、心の奥にいるのだ。

そんなことも影響するのだろうが、意識的にではあるが、テレビのニュースを避けているような気がする。
そんなことを、電話で話していると、「私もビデオばかり繰り返しみています」と、京都でも、そんな心を持つのかと思った。
無意識がささやいているのだろうが、震源域に近ければ近いほど、心の叫びは、「冗談じゃない」と……大きいだろうと察する。

ふと、「京都でも花園法皇の時代に、大きな地震があり、一週間ほど予震が続いたという。その時の花園法皇の態度は、粗末な住処とすみ、粗末な衣服をまとって、禅を組み、泰然自若っていうの、昔の人はたいしたものよね」と、覗かれた。

3月11日以降の法事や葬儀には、欠かさずに震災に関わる関わらないに限らず、生きている人亡くなった人すべてに、それこそ、魚や鳥たち、植物に動物に対して、罪を背負った人間として、祈りや願いをお経に託している。
こんな経験を通してだからこそ、祈りや願いが、人にとってどんなにか必要不可欠なモノか、なくてはならないものだと、今さらながら気がつかされたからだ。

今、現在進行中の震災は忘れるも忘れないもないが、ふと、古歌に「忘れじと覚えしことは忘れけり、忘れてのちは忘れざりけり」と思い出した。
つくづく我が身の不勉強を恥じ入りながら、忘れてのちは、忘れけりの今の自分を思う。
何ができるのかの自問自答だ。昔取った杵柄は、忘れたのちは忘れざりけりだが、、身についた忘れモノは、忘れないと。
それでも、考えながら、思い描きながらしなければと、それが勤め励む今の姿か……
[うながすものは……]の続きを読む

円楽一門会

2011/04/01 14:52
昨日、浅草演芸ホールにて五代目三遊亭円楽一門会が催された。
陽岳寺のご祈祷会に出演してくれている、三遊亭園橘・ニックスも参加しました。

浅草演芸ホール入り口の看板

ニックスの漫才

五代目円楽の落語が終了し、向かいの飲食店でお疲れ様会がありました。
ニックスは、残った食べ物を、プラスチックのトレーに一杯詰め込んでいました。
明日からの食事のメニューです。
一生懸命に注意して、気をつかって、大きな声で生きている様子は、見ていて楽しくなります。
 Home