無常

2011/07/21 13:46
 小説家の村上春樹さんが、6月9日にスペインのカタールニャ国際授賞式のスピーチ「非現実的な夢想家として」原稿全文が毎日新聞の夕刊に三日間にわたって掲載されました。
 彼は、東日本で被災された日本人に対して、無常観という言葉を使っていました。
『我々は無常という移ろいゆく、儚い世界に生きています。生まれた生命はただ移ろい、やがて例外なく滅びていきます。おおきな自然の力の前にでは、人は無力です。そのような儚さの認識は、日本文化の基本的イデアのひとつになっています……」と。
 「しかし、それと同時に、滅びたものに対する敬意と、そのような危機に満ちたもろい世界にありながら、それでも、なお生き生きと生き続けることへの静かな決意、そういった前向きの精神性も我々には具わっているはずです』と、記していました。
 そういえば、川端康成も、ノーベル賞のスピーチで、ものの哀れ、あるいは、ワビやサビの美意識をうたっていたことを思い出しました。無常観からわき出した言葉でした。

 あの東日本大震災後、原発の暴挙も含めてですが、日本は大きく変わったことを考えます。陽岳寺も、3月、4月、5月、6月、7月と、法事の回向中にこの問題を大きく取り上げました。そして6月の回向に、何が変わらせたのかと仮説を立てました。

《「東日本大震災後、多くの人が、人が生きる意味の問いに直面したのではないかと思います。その結果、今までの普通に暮らしていた日常の普通さを疑い、物質よりも絆、友、家族の意味を再構築しようとしているようです。
 昨年は、無縁社会が話題になっていましたが、震災以降は、何が人を動かすのか、動かされた私に意味を見出そうとしてるようです。
 たとえ原発の事故が収束したとしても、不安は20年30年と日本を覆います。そして津波の映像を繰り返し目撃した者にとって、寄せては引く波に、流され翻弄されたのは、私たちの普通の暮らしだったのです。
 それは、また、自然の驚異と、制御不能となった人間の欲求が作り出した原発の暴挙に翻弄されたものは、”私の中の死”ではなかったか。

 誰だって、あんなにむごい現実を見れば考え方や生き方が変わるものです。
 そして、本当に大切な物は、何だったのかと考えることを悟らせたような気がいたします。そこから、新たな希望や願いが生まれなければならないと、信じています。
 それは、自分の中にわき起こる生きるという希望であり、自分の中の死が、必死になって訴え、働きかけているといえないでしょうか?
 自分の中の死は、普段生きていることに追われて、それこそ、全く見えないことです。でも今回の地震や、原発不安、放射線の自然に与える影響を考えてみれば、自分の死や、家族の死が、一人一人の心の中に叫び続けていると考えることが出来るのです」と。
 そして自分の中の死を、あちら側と言い換え、あちら側はこちら側を根拠として在り、こちら側はあちら側を根拠として、同時に在ると喚起させました。その結果、あちら側のことがこちら側によって、決めなければならないと、それは、自分らしく生きよ!と心がけたのでした。》

 そこに、平成23年7月9日、毎日新聞朝刊で、「さようなら、私はお墓に避難します」という、南相馬市の93歳の老女の悲鳴が届きました。
 大きく破壊された町や村に住んでいる人たちの不安と悲しみは、未だに過ぎ去った傷を抱え込んでいます。惨状と悲惨さの中に暮らさざるをえない現実は、こだわり以前の悪夢のようです。その悪夢から一向に進まない現状では、今を生きることの辛さばかりが積み重なっています。
 無常を生きる日本人は、どう生きたらよいのでしょうか?
 
 村上春樹氏は、「我々は無常という移ろいゆく、儚い世界に生きています。生まれた生命はただ移ろい、やがて例外なく滅びていきます。おおきな自然の力の前にでは、人は無力です。」と書いていましたが、移ろいゆく世界を、どこで眼にしていたのか、聞いていたのかと、不思議な疑問を持ちます。

 何故なら、自分自身の移ろいこそ、今回の東日本の大きな事件であり、渦中の中の流された私の移ろいこそ、悲惨だったからです。
 東日本復興構想会議から、震災への提言が平成23年6月25日に発表されました。そのタイトルは、まさしく「悲惨の中の希望」がテーマでした。
 これは、日本人おのおのにとって、悲惨の中の、混乱の中の、寂しさの中の、いたたまれない中の、辛さの中の、癒やされない中の、希望のことです。希望は芽であり、きっかけでもあるのでしょう。もちろん大きな希望であれば幸いですが、その希望は、つなぐことによって光がさしてくるといい、つながれていたとの気づきでもあります。

 さて、仏教では、眼は、眼自身を見ることできないと説きます。無常も同じです。無常も無常自身そのものを見ることも、聞くこともできません。
 なぜならば、移り変わるものを見つめる眼は、心は、移り変わらないものとしてあるからです。この関係を考えてみると、移り変わるものは、移り変わらないものを根拠として在り、移り変わらないものは、移り変わるものを根拠として、同時という世界に在るからです。仏教では、その同時を、中道(ちゅうどう)といいます。
 この対立している構造を、言葉を変えていえば、次のようになります。

 生きていながら生かされていることとは、生かされていながら、生きていることと同時です。これは、生きていることを自己肯定とすれば、生かされているは自己否定です。自己肯定しながら自己否定され、自己否定されたことで、自己が肯定されると。
 含んでいながら含まれている。見守っていながら見守られている。包んでいながら包まれている。部分で在りながら全体である。結ばれているから独立している。離れていても連帯している。選んでいながら選ばれている。失っていながら得たモノが有る。無心となっていながら満ち足りている。この関係こそ、色即是空・空即是色という般若心経の要素です。そして、この有り様の同時という視点こそが、揺れる心の無常世界を活きる智慧となるものです。

 なぜなら、これはすべてが、無心(自己否定という)を本質としているからこそですが、これはまた、金剛経の、AはAでないことによってAであるという関係です。
 妻は妻を否定することで、妻となる。妻の根拠は夫に在るといえば、夫を根拠にして、妻という立場はあるといえます。これは、夫も同様な関係にあるといえます。
 だから、妻は妻自身にはなれません。見えません。聞けません。無常と同じことです。

 世の中の意味が、対立しているもので成り立っているならば、無常の根拠は、無常でないものを根拠としてある筈です。それは、移り変わらないものとして、絶対や永遠ともいえるものですが、移り変わらないものとした、私たちの思い込み、独断こそが、無常を際立たせるともいえます。
 実は、本当に不思議なことですが、昨年から、断捨離というブームが、東日本大震災の伏線として、日本にあったのではと、奇妙に思えてなりません。この断捨離こそ、無常なるが故に、執着を離れるという発想でした。

 無常を見つめる常なる自分自身は、無常を含んで生きているという事実に、移り変わることが常とするなら、その常とする自覚から、我執や執着の事実から、解放されることこそ、無常を生きる智慧です。しかも解放された自己は、無常を根拠としながら、無常を離れている。
 東日本大震災こそ、無常なるものとするなら、想定外や独断から出る偏見こそ移り変わらないものとして、また困惑極めるものとして、証明されてもいます。想定外や独断、思い込みは、自己を省みるという否定を忘れたものだからです。
 またこうも考えることができます。無常は無常でないものに触れることで、無常を生きることができると。無常でないものとは、慈しみ、あわれみ、共に喜ぶ心、とらわれのない心とも考えることができ、突き動かされた私の心です。

お墓にひなんする

2011/07/09 16:53

福島県南相馬市の緊急時避難準備区域に住む93歳の女性が6月下旬、自宅で自ら命を絶った。
書き残した遺書が毎日新聞朝刊に掲載されていた。

 

《このたび3月11日のじしんとつなみでたいへんなのに、原発事故でちかくの人達がひなんめいれいで、3月18日家のかぞくも群馬の方につれてゆかれました。

私は相馬市の娘いるので3月17日ひなんさせられました。たいちょうくずし入院させられてけんこうになり2ヶ月位せわになり、5月3日家に帰った。

ひとりで一ヶ月位いた。毎日テレビで原発のニュースみているといつよくなるかわからないやうだ。

またひなんするやうになったら老人はあしでまといにるから、家の家ぞくは6月6日に帰ってきましたので私も安心しました。

毎日原発のことばかりでいきたここちしません。

こうするよりしかたありません。

さようなら。

私はお墓にひなんします。

ごめんなさい。》

[お墓にひなんする]の続きを読む

死にたい!死にたい!

2011/07/06 10:06
一ヶ月近くの闘病に、歩くのが困難ながら、手すりにつかまり、二階から一階に。
生活の質が激変した。
70歳半ばにして知る老いの身に、母をすぐ近くに思い出す日が続く。
死にたい!死にたいと、幾度か聞いた。
覇気がなくなり、老いた女性がいた。

その母も亡くなって10数年だった。
療養生活に、食事が思うように食べられなかったのか、母の面影は激変していた。
その当時のことを思い出すと、ベッドに四面に造られたコンパネの壁を蹴っていた姿が印象に残る。

慰めたいけれど、希望を持ってもらいたいけれど、言葉が出ない。
せめて云いたいことは、「夢を見るのは誰ですか!」だ。
でも言えなかった。また来てください、絶対にね!で、後にした昨日の夜の暑さだった……

明日は希望

2011/07/03 07:21
山本一力が富岡に住んでいた頃、それは、直木賞を取る直前のことだった。

彼の店で、出版社の人たちが打ち合わせをしていたことを覚えている。

そして『あかね空』が受賞したのだ。私は早速、本屋さんに並ぶ『あかね空』を購入、彼の店に預けた。

揮毫された言葉が、「明日は希望」だった。山本一力が小説を試みようと懸命に筆を進めさせた言葉でもある。

未だ入院中の彼にも、この言葉は通じるだろうか?一日一日とよい方向に向かっても、悪くなっても、明日は希望と、何があるかわからないけれども、分からないけれども、希望をもち居続けることが、明日を変えるというのか?

考えてみれば、人の暮らしは、みなそういうモノかもしれない。どんなことがあっても、いや、どんなことがあるかもしれないからこそ、明日は希望だ。
東北地方も、放射線に汚染された地域の人たちも、明日は希望であってほしいのです……。

継続は力なり

2011/07/02 17:37
黙々と、仕事をする彼だった。
同年齢だったせいか、話が合う。どちらかというと、彼は、聞き役だったような気がする。

もっとも、カウンターに座って、酔客の相手をするのは、聞き役に徹することが彼の仕事だったのかもしれない。
しかし、手だけは動いていた。

客がいないと、カウンター越しに彼は、明日のランチの支度をする。
小さくしたニンジンの角をとる包丁の動きが、なめらかだった。その包丁は小さくなって果物ナイフより小さかった。
キャベツの千切りの包丁の音がタップダンスのように踊っていた。
肉の筋を切る包丁の刃先が、幾本もある筋をなぞるかのようだった。
一緒にゴルフに行ったとき、途中、大便をもよおして、離脱して、迷子になったときがあった。その笑い話は今でも、語りぐさだ。野糞ではなかったが……

ひとしきり聞きに徹していたかと思うと、相づちを打つ。それが、「継続は力なり」だ。
思いだして見れば、この言葉を彼の口から聞くことが多かった。

彼は6月28日午後、路上で倒れた。脳幹出血という。医師は、「すぐには手術ができない場所です」と、今も、集中治療室に入れられている。
身体を固定されているが、翌日、不死身のように、彼の意識は戻った。

奥さんは、「絶対に戻ってくるから待っていてね!」とメールをくれた。
「おお、待っている!待っている!」

病院で治療に専念することも、包丁を握ることも、「継続は力なり」だ!
継続は、人生の途中だ、「途中にあって家舎を離れず」も、力だとも思う。

お店の隣の奥さんに言われた。「祈ってくださいね」と……

おお、帰ってこい!帰ってこい!

今度は私が聞き役だから……

1仏教では?

2011/07/01 06:59
仏教では業(ごう)を造るといいます。縁は結ぶです。

実に、不思議なことで、人が生きている限り、この内容は世界のありようです。
今、原発の問題も業の問題に終始するようです。人間の造ったもので、人間はもてあそばれ翻弄し。東日本大震災と原発の問題では、結ぶが問われています。

原発の問題では、なぜか安全の問題はクリアーされたと、経産省と佐賀県知事は言いました。
今、困難状態である福島原発の出来事はクリアーされたのでしょうか?

安全は人の問題と、造られたものの問題がありますが、造られたものはどんなモノでも壊れ変化するものです。
「そんなこと言ったら、原発などできるモノではない」と言ったのは、原発推進する保安院とか原子力委員会、官僚や政治家、そして甘い蜜に吸い寄せられる人の欲望でした。
結ぶこと意義を欲望をあおることで考えた人のようです。

復興会議の重要キーワードは、『つながる』でした。確かにつながることは大切なように思えるのですが、仏教の『結ぶ』は、つながる仕方が要です。

人と人との出会いは、結ぶことで、自分の立ち位置が誕生します。しかもその立ち位置は変化します。それは、その関係の中で「どう生きる。どう造る」が問われていりからです。そして生き方、造り方により、この関係自体と結ばれたモノの分がはっきりとします。
でも、そんなことを考えなくとも、見つめなくとも、生活には支障があるモノではありません。

なぜなら生きることは生かされていること、動くことは動かされていることでもあると気づくことは、人が生きている、動いていることに、大きな支障はないからです。
でも今回の復興会議の『悲惨のなかの希望』は、そこに踏み込みました。仏教の縁というモノの見方です。結ぶ……です。
人がつながっている根拠の自覚こそが、人間の目を開けるモノです。そして、造りあげてゆく。

この東日本大震災による福島原発の問題は、世界中を釘付けにさせました。そして、ドイツは真剣に議論して自らの答えを造りあげました。これが業です。
そしてこの業の中身は、結ぶことでした。私たち人間の未来を、今という時間に、結んだのだと思うのです。

原発はできたが、事故が起こった。人災だった、とも思案しているではないですか。
人間のすることは、必ず失敗がつきものです。原子力はその失敗が許されません。人が生きている限り造った原発は存在します。
事故が起きてしまったときの、対処の仕方が、いかにも責任の所在がない。明確でない今の組織は、作り直しても、その組織はそこから変化してゆきます。世の中もです。

今も不安を抱えつつ暮らしている我々に、しかし、よくもクリアーできたいえるものだと、クリアーしたと思っている頭の中には、何が詰まっているのか見てみたいものだ。
 Home