罪滅ぼし

2012/02/21 17:13
今朝の新聞には、光市母子殺人事件の、最高裁小法廷の上告棄却の結審が言い渡された。

これで、死刑が確定されたことになった。

13年前になるのか、随分と年数がかかったが、でも、今までよりは早かったかもしれない。

今日、21日に、彼は墓参りの予定と、新聞記事に書いてあった。
「母子を守ってあげられなかった罪滅ぼしの一つとして、墓前に報告したい」と、記事に書いてあった。

どうして、こういう人を不幸にする事件が起きるのだろうか?

被告の生い立ちも記されていた。

最初は自分のことと、気持ちばかりが、彼を際立たせていた。
弁論もそのことばかりを注視し、弁論していた。

そして法において攻めた。

結審し、彼は言った。
「眼前に死が迫り、自分の死を通して感じる恐怖から自ら犯した罪の重さを悔い、かみしめる日々が来るんだと思う。そこを乗り越えて、胸を張って死刑という刑罰を受け入れて欲しい」。

彼の放った、「遺族としては大変、満足しています。ただ決して、うれしさや喜びも感情はありません。厳粛に受け止めなければならない」。
終わってみれば、争った裁判は、何を争ったのだろうかと問いを起こしたくなる。

毎日新聞には、被告の本名は記されいない。
それは、「今後、最審や恩赦が認められる可能性が全くないとは言い切れません」と、思われるからだ。

被告を造り上げたものは、自分の殻の中に住む鬼のようなものだろうか。

でも、本当に強い鬼は、人を殺めるのではなく、人の心に、仏を造るものだ。

「何であれ、人は殺(あや)めてはいけない」と。

そのことすら守れない社会。

学校に行き教わることは、成績をあげることと、人と競争して、良い学校を卒業して、よい会社に入るコースとして親はあるのではないし、学校もあるのではないはずだ。

社会が、他人を蹴落として、その上に幸せを築くことを進めているような。

それでいて、蹴落とされたかはわからないが、人知れず餓死の事件が……

虚しい。

結局、自分のことだけを考える人間が造られてしまう。

人の痛みや、悲しみがわかる人間を、家庭も学校も、地域も造って欲しい。


「衆生病むが故に、我もまた病む」だが、それは、聞く、聴くという行為からだと思っている。自分の思いなく、聞く聴くことのむずかしさ……

それを教育や家庭で教えることはできないだろうか。

無常の風にさらされて

2012/02/13 13:01
普通、我々の日常は無常の風にさらされている。

その無常の風にさらされながらも、無常の風を利用したり、流されながらも、本当に偶然なことだが、何とか生きているといえないだろうか?

ドアーがピンポンと鳴り、男が訪れた。
「何か食べるものはないでしょうか?少しでいいんですが、お盛り物でも少し分けて下さい」とその男は言った。
「ただし、堅いものだけは勘弁して下さい。歯がこうなっています」と、男は、口を開けた。

「外に出て下さい、そこで待ったいて下さい」と私は言い。マスクを数枚と、バナナと食べ物を探し、レジ袋に入れて彼に渡した。

男は「有り難うございました。助かります」と。
そして私は、少しばかりの小銭を渡した。

男は、思いがけないと思ったのだろうか、「誰にでも、こうしていただけるのでしょうか?」と。

私は、「いいえ、誰にもあげません。貴方だからです」と返事をした。

男は、「何か外回りの掃除でもしましょうか?」と。

私は、「いいから、身体を休めて下さい」と。

男は出ていった。

もし、顔を赤くして、息を酒臭く、汚くどろどろの着ているものを身につけていたら、断ったかもしれない。
男は、何処か洗濯した着るものを身につけていた。

昨日、北海道で若い姉妹が部屋で孤独死をしている姿で発見されたニュースを見ていた。三度、福祉事務所を訪れ生活保護の申請をしたという。
係は、「まだ大丈夫そう」と判断して、手持ち資金や、保護費を支払うことをしなかったという。
何ヶ月後か、障害者の姉(?)と、仕事を転々として職に就けなかった妹(?)が、二人で孤独死をしているのを発見された。
北海道のアパートで、ガスを止められ、寒かっただろうと思う。

もし姉妹が、誰でもいいから、「私たちを助けて!」と、形振(なりふ)り構わず叫んでいたら、彼女たちは助けっていたかもしれない。
頑張ろうと、仕事を探して、辞めたのか、辞めさせられたのかわからないが、心を折れないように、重たい心に絶えられなかったかもしれない。
考えてみれば、今の時代、よくあることかもしれない。

それにつけ、あの男の生きる姿は、すがすがしさすら感じられた。
男は、老齢といえる年齢ではなかった。サンダルはすり減ってはいたが……
ズボンも、裾を何回か折り曲げていた。
理由を聞く必要はなかった。

無常の風にさらされながらも日常を、平常に生きるように思えたから不思議だ。
恥じらいもなく、何故か、堂々としていたのだ。
無常の風にさらされながらも日常を、たくましく生きて続けて欲しいと願った。

追われるままに……

2012/02/04 11:34
昨年の終わり頃からか、寒くて、季節の無常さを感じます。
葬儀が多くて、その葬儀の内容も随分と変化しています。
その変化する内容に変化して、こちらも変化するのですが、その変化に対応して、忙しいのです。
その忙しさの中で感じたことは、総じて、日本の家庭は、生活に余裕が本当になくなっていることでした。
でも余裕がなくなっても、心だけは、余裕を持って豊かであることを気づいて欲しいと思います。


明日より、法事の中身が、東日本大震災平成24年2月版として改訂しました。
東北の被災地に生きる人と共に、お寺の法事や葬儀も、一緒にありたいと思い続けているからです。
この寺で法事を行った全ての人に、あの震災を忘れることはないし、共有したいと思っているからです。

被災した人たちの今のニュースを見ると、雪におおわれることは、これも想定外だったのか、だから復興の本部を東北に置けばよいのにと、いくら私が思っても、世の中は違う考え方で動いているようです。
「事件は現場で起きている!」は、湾岸署の刑事が発した言葉ですが、事実を見るには、何よりも現場です。机上の考えではどうしてもゆがんでしまいます。

現場が広い範囲ということは、条件が変わります。一律という考え方は、机上の考えです。
一軒一軒の家の事情が違うように、地域も一つ一つです。
町や村や市も県もです。その一つ一つが独立として活き活きと息づいていることこそ、東北は一つ、日本は一つと思っています。
日本が一つとなるためには、その一つの構成する無数の一人が独り立ちして生きられるようになければ、日本という国は成り立たないはずです。
瑞穂の国の、一つ一つの穂が、豊かに実ってこその瑞穂の国だと思っています。

その違いのように咲いていたのが文化であり、特色だったはずです。
昔、家々のカマドからたなびく煙を見て、この国は豊かな国だと皇帝がいましたが、今、そのたなびく煙はない。

その煙の中身は、特色や文化とするなら、地震や津波、原発の汚染が根こそぎ奪い去りました。
しかし、人が生きていれば、そこに心が生きています。

その心が、折れないように、引き離されないように、倒れないように、私たちは耳を傾けなければならないとも思っています。
自分の成長もとても、大事なことですが、それも、少し置いてです。
なぜなら、その成長は、少しでも置いたところにあるからです。

福は外、鬼は内

2012/02/01 11:02
 白隠禅師の著した「白隠禅師坐禅和讃の冒頭に、「衆生本来、仏なり。水と氷の如くにて、水を離れて氷りなく、衆生のほかに仏なし。」と説きます。
 私もそうでしたが、自分のどこが、何が仏なのだろうかとの問いが、含まれています。 自分の境遇や持っているものを比較したり、その比較したものに振り回されてばかり、欲しい、うらやましいと。その欲しいとか、うらやましいの中身は、多くは金銭にかかわるものであるし、また、病気であったり、身体的なもの、生まれによるものもあるかもしれません。

 2月3日は節分ですが、「福は内、鬼は外」と、まるで、節分のような自分自身の心の葛藤が見えるようになってきました。
 小さい頃もそうでしたが、大人になっても、節分は「福は内、鬼は外」です。でもよく考えてみると、それを言わせているのは、自分の中の鬼ではないかと考えたこともありました。
 もっとも、「福は内、鬼は外」と見えるようになっても、相変わらず自分の心の中には、「福は内、鬼は外」と染みついたモノの見方が住んでいるようです。
 だからこそですが、例年の5月の陽岳寺のお施餓鬼でも、「仏は、きびしさや一途さという我が心の鬼を造り、鬼は、優しさや受け容れるという我が心の仏を造ります。このことが施餓鬼会をおこなう理由となるのでしょう。」と言い続けています。

 考えてみると、本当は福も鬼も心の中に一体として生きていることを思うのです。だから、いわせているモノは誰なのだとうと問うことに意味があると思っています。
 何故なら、「福は内、鬼は外」と言わせ続けることで、人間の心の内に善と悪、綺麗なものと汚いもの、量の多いもの、質の高いもの、高価なもの、綺麗なものなどの選択を知らぬうちに染みこませている気がいたします。えり好みする習性を植え付け指すのではないかとです。
 しかし、禅宗の世界に入って、そんな心の葛藤を見ることができるようになって、「福は内、鬼は外」であるものの、ただ、内と外にわずらわされていると、考えることができるようになり、幾分かは、楽になり、物事が見えてきたような気がいたします。でも錯覚かもしれませんが……

 初期仏教のスッタニパータ、初期といっても、もっとも釈尊の生の声を反映したものですが、そのスッタニパータに、『慈しみの経』があります。

 一切の生きとし生けるものは幸福であれ、安穏であれ、安楽であれ。
 いかなる生きもの生類であっても、怯(おび)えているものでも、強剛なものであっても、悉く、長いものでも、大きなものでも、中くらいのものでも、短いものでも、微細なものでも、粗大なものでも、目にみえるものでも、見えないものでも、遠くに住むものでも、近くに住むものでも、すでに生まれたものでも、これから生まれようと欲するものでも、一切の生きとし生けるものは幸せであれ。
 何人も他人を欺(あざ)いてはならない。
 たといどこにあっても他人を軽んじてはならない。
 悩まそうとして怒りの想いをいだいて互いに他人を苦痛を与えることを望んではならない。
 あたかも、母が己(おのれ)が独り子を命を賭けても護るように、そのように一切の生きとし生けるものどもに対しても、無量の慈しみの心を起こすべし。
 また全世界に対して無量の慈しみの意(こころ)を起こすべし。

 この『慈しみの経』こそ、どこにいても祈りの言葉となるもです。それこそ、仏壇でも、怒りや寂しさに覆われたときでも、自分の心を癒やしてくれ、そして自分の心を見つめさせるものです。
 仏教の目指すものは、私もまだできないけれど、「福は外、鬼は内」ではないかと思います。そして、「誰もが幸せであるように」と、祈ることができるようになれることが、今、日本も世界も必要としていることでないかと思ったいます。

 さて、釈尊仏陀は、誕生したとき、七歩、歩いて天を指さし、地を指し、「天上天下唯我独尊」と伝えられています。
 人間一人一人、世界にあって個人の絶対の自由さを宣言するものです。しかし、自分の自由さなんて何もない。いつも他人の言うことばかり気になって、一つも自分らしさなどないぞと、思っていないでしょうか。このことは、自分のどこが何が絶対の個人の自由さなのかの問いにつながります。

 鎌倉時代、栄西禅師の著した興禅護国論の序に、
「大いなる哉、心や。天の高きは極むべからず、しかるに心は天の上に出づ。地の厚きは測るべからず、しかるに心は地の下に出づ。
 日月の光はこゆべからず、しかるに心は、日月光明の表に出づ。大千沙界は窮むべからず、しかるに心は大千沙界の外に出づ。それ太虚か、それ元気か、心はすなはち太虚を包んで、元気を孕(はら)むものなり。天地は我れを待って覆載(ふさい)し、日月は我れを待って運行し、四時は我れを待って変化し、万物は我れを待って発生す。大なる哉、心や。」

 人間の心は、だれでも、この自由さを秘めています。だから、正反対の心もあるのだと思っています。そして執着からくる不自由から脱するため、人はこの絶対の自由を手にいれようと、もがくのですが、この作業をやめたときこそ、実は、得ることができるのだと禅は主張しています。

 2月3日の節分という節目、分け目は、そんな人間の心に、「福は外、鬼は内」こそが、天上天下唯我独尊と、切り替えるヒントを与えてくれるものでもあります。
 Home