慈鳥

2016/10/07 13:47
夕焼け 小焼けで 日が暮れて
山のお寺の 鐘がなるおててつないで みなかえろう
からすと いっしょに かえりましょう

子供が かえった あとからは
まるい大きな お月さま
小鳥が夢を 見るころは
空には きらきら 金の星

私が小さかった頃のことを思い出します。
一日中遊んだ記憶がある。
かけまわって疲れてやっと、気づくと、夕焼けが迫っている。

その頃、カラスが家路につくことを、「夕焼け小焼け」の歌にしたのは、作詞中村雨紅、作曲草川信だった。
この歌を口ずさんだ記憶は、定かではないが、確かなこととしたい自分がいます。

家に帰れば、着ているものをはたいて、夕飯が待っている。
戸外は暗くなって、金星が輝き、物音も静かに、何故か小鳥も地域も眠ってしまったような。

時代は今。
そういえば、日中カラスはいない。朝はうるさく、嫌われ者になってしまったが、家族思いは今でも、カラスだ。
子供を持てば、子供を守ることに凶暴になる様は、人も同じ。
そんなカラスの子育てで、小ガラスが成長すると、親ガラスに口移しで、食事を与えるという故事がある。
年老いた父母の世話をすることを、慈鳥反哺(じちょうはんぽ)と調べたが、カラスから学ぶ現代人はもういないのでは…………

「カラスが鳴くから かえりましょう」と、カラスに動かされた子供心は、街であっても自然に含まれていた。

七つの子
からす なぜ啼くの からすは山に かわいい七つの 子があるからよ
かわいい かわいいと からすは啼くの かわいい かわいいと 啼くんだよ
山のふるすへ 行って見てごらん 丸い目をした いい子だよ
野口雨情作詞、本居長世作曲のこの歌も、カラスが夕暮れに、家庭に帰っていく姿を歌っている。

そんなカラスのことを、慈鳥(じちょう)というこを知ったのは、大人になってだった。
ちなみに、烏鳥、うちょうとも呼ぶ。

寒山詩には、
月落ち烏啼いて霜天に満つ。
江楓、漁火、愁眠に対す。
江楓、漁火、愁眠に対す。
姑蘇城外の寒山寺。
夜半の鐘声 客船に至る 。

慈烏、その母を失って鳴く、悲しい声が響く。

露風(ろふう)落葉を吟ず、慈鳥(じちょう)寒烟(かんいん)に咽(むせ)ぶ。
作者は知らないが、これからの季節なのだろう。

そして慈鳥とは、これはカラスではない。
 Home