FC2ブログ
乞食をしていた時、魔女マタンギーが幻術を使って誘惑し、アナンの戒体を壊そうとしたときに仏が救った故事の示唆するところより、首楞厳とは木村俊彦先生によれば『英雄的道行き』だそうです。
仏あるいは菩薩の三昧に名づけられとありますので、つまりは“永遠のやすらぎと共に”と更に訳したらよいのでしょうか。

内容は、一切の覚者、菩薩神々精霊に礼拝し、祈り、「かくの如くの我に安らいあれ(ソシチーホボツモーモーインツノモモーシャー)」、と祈ります。
災いを断っち、「我を守りたまへ」と。守られることは、守りし神仏が護られし者に災いを断つ結界を結ぶことであり、同時にアナンにとってみれば自己のすべてを具足する安らぎを保持することができるからです。

東嶺和尚の看経論に自他それぞれにお経の四功徳があるとあります。
健康を助け、音声は天界の神にとどき三昧を助け、善神が護りて心の障壁を滅し、天真に随順するが故に心願を満たすとあります。
ここにも「我を守りたまへ」「我に安いあれ」と祈りがあります。
また、回向は一に事を回らして理に向ける。二には小を回らして大に向ける。三つには自を回らして他に向ける。四には因を回らして果に向けるとあり、安らいの中身を問います、すべてに深いつながりがあるとおもいます。

楞厳呪第7巻に「呪を誦し壇をめぐって至心に行道す」とあるところより、修行をさまざまな障害から成就できますようにと右に右にと歩きながらお勤めいたします。
言葉の祈りから心の祈りへと深めて行く行道する僧侶の一人一人の姿が、アナンの乞食の姿と重なり、私たち一人一人の姿と重なって見えましたら本望です。

昭和57年5月『臨済宗の陀羅尼』が木村俊彦先生と竹中智泰先生により東方出版より出版されました。

その時の後書きに、インドでの体験が書かれております。「五千年の歴史を持つインドの民衆の生活は、信仰が不可分離に融和している現実がある。厳格な身分制度、自然環境、貧困を信仰がすべての矛盾を吸収し納得させる役目を持ち、その故に彼らは自己に自身と誇りを持ち、社会機構を整然と維持している」と。

「日本人は怖いものを失ってしまっている」と。そして平成10年出版の『禅宗の陀羅尼』では、「怖いものを失っている日本人の方向はさらに進んでいる」と危惧いたします。

何事にも知解を求める現代の傾向の中で、陀羅尼は本来人知を超えた世界のことがらなのかもしれません。先生が言われる、「根底にある不易なもの」を見つけて大事にしたいものです。

2018.02.11 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
女優の浅野ゆう子さんが結婚したことが、1月12日ニュースとなりました。

所属事務所からFAXを通じてですが、「お互いこの年齢で…とも思いましたが、この年齢だからこそ、互いの健康に気遣いつつ、寄り添いながら穏やかに、これからの人生を歩んでいこうと決めました」と報道されました。

上手いなあと、上手な言い方だと感心し、この年齢だからこそ、こういった言葉がでるのだと思ったのです。

57才で初婚、お相手は一般人というのですが、この結婚が呼び水になって熟年結婚のブームが来るかもしれないし、女優は女優と、ただのニュースなのかも知れない。 この年齢で……、でもこの年齢だからこそと、もしかして背中を押された人もいるのではないかと考えてしまいました。

また、この年齢から先を歩むことを考えれば、2人なれば寂しくない、いや、その先もあるからと考えるのでしょうか。あるいは、もうたくさんと、堅く心を閉じることを選ぶ人もいるでしょう。

でも、たとえ今、心を閉ざしているとしても、その先までずっと思いが続くとは限りません。出会いがあるかも知れないし、結婚して思わなかったことが次々に起こり当惑させることもあるでしょう。

いっそのこと、困難も失敗も、喜びも幸せも寂しさも、それだからこそ楽しいと悟ってみるのもよいかもしれません。そのことが却って人を豊かにすることもありそうです。 本当に一人身でと堅く決めている人を除けば、それなりに理由があるのでしょうが、老年に向かってみれば、何か、寄りそうものがあったらよいと思うのは自然なことです。

しかも寄りそうこととは、お互いに、相反するとは言わないものの、男と女、興味と志向性、育ちや生い立ちまで含めると、違うものばかりの集合体が寄りそうこととなるのです。そこで、結婚とは束縛されるという意味も生まれるのでしょうが、人生を自由に、気ままにと思っていれば、煩わしいものでしょう。

ところで、仏教の縁起観は、結ぶことは分離することで、結合即分離、分離即結合のありようを見つめます。

働くことも結ぶこと、好きなことも結ぶこと、選ぶことも結ぶことです。ですから生きるということは、結ぶことと分離することの、分離することは結ぶことの連鎖の中に成り立っています。働くことは、働かないことの時間によってなり立っていたことを沸き立たせくれます。

必ず、人間は相対するものを作り出していますので、この相対するもの双方に気づいてみれば、転換できるし、相対を消し去ってみることもできるはずです。

自由でいたいと、自由という語言の意味は、「自らに由る」です。自らという部分と、由るという意味が合体したもので、現実の私は自ら以外のものによって成り立っていることを浮き立たせているからです。

趣味にしても、その趣味によって、仕事など何らかの束縛されていた自分を、違うものによって成り立たせる手段の意味を持っています。

自らに由るものが、思うことに由る、言われた言葉に由る、化粧に由る、仕事に由る、趣味に由る、友だちとのひとときに由る、結婚に由る、子どもに由る、老いることに由る、別れに由ると、由るものが移り変わることで成り立っている自分を知るということが、人のあり方なのだと見えてきます。

何故に自由が「自由」という熟語なのか考えさせられます。これは、仏教の言葉だったからです。 由(よ)るという相対する意味を、居場所や立場、ステータスなどの地位、これは無数にあります。

その都度その都度、祖父母になったり、両親になったり、子どもになったり、友だちになったり、相談相手になったり、買い手や売り手になったり、結局、由ることがなかったら、人は生きていけないのでしょうか。

寄りかからない生き方をしても、その寄りかからないことに由って生きるわけですから、ややっこしい。

動物はそんなこと考えませんし、思うこともないし、反省することもないし、寝るときは寝るし、休むときは休むと徹底しています。今を生きているというか……。

浅野ゆう子さんの結婚に戻りますが、お互いこの年齢ではと、非定型の言葉ですが、その非定型の年齢を肯定に代えてゆく言い方、同じ年齢でも、相反する内容を織り交ぜながらの新しいことへの宣言でした。

よく考えれば理由になっていないし、それこそ結婚にこだわらなくてもよい。

この例えは、人は幾つになっても、何かを抱えていても、今の自分の状況が、自分の背中を押してくれる励ましの言葉に通じていたことを教えてくれます。いつでも私は挑戦できるのです。

この否定を肯定へ、マイナスをプラスにという発想は、無数にあります。相反するモノだからこそ、古いものから新しいものに、新しいけれど古いものからと。小さなものから大きなものへと、入ったり出たり、押したり引いたり、進んだり下がったり、動いていたと思っていたら動かされていたと、評価できるものがあるのは当たり前ですが、そのことを出発点にすることで、人はよく生きることも、生きられないこともある。

「言語は事実を表現するものではなく、事実に対する見え方を表現するもの」と認知言語学で言うそうです。人が、相対するもの、出来事や人間を語るには、語る人の見え方を話しているにすぎないと言うことらしい。

だからこそ、この認識に関しては無限の可能性を秘めていることに気づくことで、マイナスからプラスに転ずることができるようです。 この意味では、相反するモノ、対立するもの、反対のもの、対象的なもの、排除し合うもの、対局とするもの、逆なもの、意味も形もふくめて、多くのことに気づくということが、生きる智慧で、お釈迦さまの教えです。

詩人のまどみちおさんに、「もうすんだとすれば」(まどみちお全集1992年理論社)という詩があります。

もうすんだとすれば これからなのだ / あんらくなことが 苦しいのだ 暗いからこそ 明るいのだ / なんにも無いから すべてが有るのだ 見えているのは 見えていないのだ / 分かっているのは 分かっていないのだ 押されているので 押しているのだ / 落ちていきながら 昇っていくのだ 遅れすぎて 進んでいるのだ / 一緒にいるときは ひとりぼっちなのだ やかましいから 静かなのだ / 黙っている方が しゃべっているのだ 笑っているだけ 泣いているのだ / ほめていたら けなしているのだ うそつきは まあ正直者だ / おくびょう者ほど 勇ましいのだ 利口にかぎって バカなのだ / 生まれてくることは 死んでいくことだ なんでもないことが 大変なことなのだ

  ……矛盾に気づくと、人はたくましく生きていくのだと気がつくのです。
2018.02.01 Thu l こころ l top