FC2ブログ
 ヘルマンヘッセは、『人は年を重ねるほど、若くなる』と言いました。
 ホイットマンの詩の「女あり、二人行く。若きはうるわし、老いたるはなおうるわし」という言葉の意味に、近づきたいとも思うのです。
 ヘルマンヘッセの、「人は年を重ねるほど、若くなる」という言葉は、ヘッセの「成熟するにつれて人はますます若くなる」という「成熟」を「年を重ねる」という言葉に書き換えたものです。何故かといえば、老齢の枯木に喩えたかったからです。
 どうして植物と同じように、人間の中に、威厳を持ち、枝を一杯に広げ、空高く聳え、幹の肌は荒々しくと、人は見ないのだろうかとの思いです。

 ヘルマンヘッセは、この本(《人は成熟するにつれて若くなる》V・ミヒェルス編/岡田朝雄訳/草思社刊/1995年)の中で、

 「死に対して、私は昔と同じ関係を持っている。私は死を憎まない。そして死を恐れていない。私が妻と息子たちに次いで誰と、そして何と最も好んでつきあっているかを一度調べてみれば、それは死者だけであること、あらゆる世紀の、音楽家の、詩人の、画家の、死者であることがわかるだろう。
 彼らの本質はその作品の中に濃縮されている生きつづけている。
 それは私にとって、たいていの同時代の人よりもはるかに現在的で、現実的である。
 そして私が生前知っていた、愛したそして「失った」死者たち、私の両親ときょうだいたち、若い頃の友人たちの場合も同様なのである-彼らは、生きていた当時と同様に今日もなお私と私の生活に属している。
 私は彼らの思い、彼らを夢に見、彼らをともに私の日常生活の一部と見なす。
 このような死との関係は、それゆえ妄想でも美しい幻想でもなく、現実的なもので、私の生活に属している。
 私は無常についての悲しみをよく知っている。
 それを私はあらゆる枯れてゆく花をみるときに感じることができる。
 しかし、それは絶望をもたぬ悲しみである」と。

 ヘルマン・ヘッセも、あちら側とこちら側の岸を、対立しながらも、いとも簡単に飛び越して見せてくれます。老いてますますです。

 そして、ふとよぎった思いは、「ひょっとして、こちら側のことは、あちら側によって決まるのではないかとの思いでした。それは、もしかしたら、私たちの目や耳腕や足までも含めて、すべてあちら側に向いているということで説明できるのかも知れません。
 だからこそ、こちら側の信念を、確かなものにしなければ、あちら側に流されて、本来の自分というものを失うことになるのかも知れません。

2018.03.17 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

臨済宗のお寺の朝の歴代の和尚様方に捧げるお経の回向は、「仰ぎこい願わくば、真慈、付して昭鑑を垂れたまへ」と、「真慈のために捧げ、品位を増崇したてまつる」とあります。

歴代の和尚への真慈とは、漢字では、慈しみでありますが、その真意は、身を捨て心を捨てることであります。

接する人の眼耳鼻舌身意を受け止め、そこに生きることを心がけ修めることが、真の慈みとも言えるからです。

そのことが気高いことと受け止めるからこその回向と言えます。

僧堂の雲水を預かる老師さま方は、雲水の真慈をいかに育てるかの苦労します。

今から16年前にいただいた、足立大進老師の色紙にあった、“色に迷うて古希の春”は、の色を、今のありのままの姿ということができるだろう。古希を過ぎて、80歳、90歳、100歳となっても、色即是空・空即是色世界の織りなす綾模様だ。


 私と世界、誰もが私であるならば、世界中の私にとっては、その私の分だけ世界があることになる。

 小さいとき?、女の子にあこがれて、恋心を抱いたことがあった。相手の気持ちが、心がわからないことに、私の心はかきむしられて、ちっとも前に進まずに、勝手に失恋したことがあった。

 声も掛けられず、ただ見ているだけ。それが男の子にとっては女の子の世界だった。

 好き!って特別な感情です。その好きな特別な感情が愛にと変化して行くには、時間がかかるのだろうか。

しかもこれが愛と限定するなら、愛はどこかに消えてゆくに違いない。愛はすべてを包んでいるなら、愛は、平等とか博愛、神聖な鏡のような気がする。

 マザーテレサやイエス、マホメッド、お釈迦さまなど聖人と言われる人が大勢います。そのナマの人間の姿という聖人って、どういうものなのだろうかと想像することもあります。

聖人と喚ばれる人も、誕生して子ども時代を過ぎて、大人になって、老いて死ぬ瞬間まで一瞬一瞬を生きて、過去と未来を造ってきたはずだ。

その都度その都度の一瞬において、失敗もしただろうし、自分は気がつかないが人を傷つけたこともあっただろう。

般若心経には、色即是空・空即是色とある。「いいかい、迷いがないことも、悩みがないことも、実は迷いなのだ」と。

聖人となって悟ったとしても、彼らの人生から見ると、「いいかい、迷いがないのも悩みがないことも、実は迷いなのだ」と、いっているような気がしてならない。 

 色即是空、色はそのまま同時に空、空即是色、色ははそのまま同時に空だ。

煩悩は迷いで、浮かび上がる意識で愛も慈悲も含まれています。煩悩即菩提。菩提は迷いがないですが、菩提則煩悩と、それ一遍でもいけない。

迷いがないところから迷いが生じ、迷いの中に迷いがないことが含まれていると、しかも人生を、人間を知った、世界の真実を知った聖人という彼らの残したものによって、今は、いがみ合い戦争やテロなども起きていることに、彼らは、今、痛んでいないだろうか?

 世界という外を心の内に見る立ち位置は、世界は心が造るといっても、私の心というより、きっと聖人は、こうした見方ができる人で、今なら語るだろうと考えたことがありました。

「いいかい、迷いがないのも悩みがないことも、実は迷いなのだ」と。

「色に迷うて古希の春」


2018.03.01 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top