選挙

2009/07/26 09:28

昨夜、民主党の立候補者のミニ集会というものに出かけた。「2万数千票を増して、明治以来の政権選択という新しい時代の幕開けを、皆さんの力で、是非お願いします」という。

彼は、昨年の10月に選挙事務所を開いている。後援会会長は、「彼の所有するものはたくさんの本だけで、一文無しのようになって、退路を断っている。彼は馬鹿だ。どこにそのエネルギーがあるのか?」と、惚れている様子がうかがえる。

そう言えば、前回の選挙は、小泉旋風に小差で落選している。

何か地鳴りのように、津々浦々で、新しい政治の形が生まれる気配を感じる。

前日には、町会の青年部の人と話をしていて、「政権選択によって、日本が変わるしかない」と、その人は叫んでいた。

多くの期待に、答えて欲しい現状が日本に渦巻く。

だから、もし政権を取って、不都合が生じても、揚げ足取りをするのではなく、改めることに躊躇なく、行って欲しい。

選んだものは寛容の精神を持つことが、選んだものの努めだろう。

すべての国民が、安心できる未来を描いて欲しい。

今のままでは未来がどうなるのか、嘘偽りなく率直に描いて欲しい。

その未来に対し、今何をしなければいけないのか、状況を説明して欲しい。

マニフェストを掲げるなら、査定委員会を作って、常時、達成度や未遂の優先度、断念した理由などを公表して欲しい。これは自公政権がしていなかったことです。

また、過去を検証して欲しい。それは、自公政権が、何を行ってきたのかの検証でもあり、反面教師となることで、新しい道を探ることにもなろう。

こんなことを期待できる人間が、この地区にいるだろうか?と、彼に願った。

彼の名は、東祥三(あずましょうぞう)。




Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home