夢を見るのは誰ですか?
Oh My Buddha ! 何てこった!
プロフィール

岳さん

Author:岳さん
終の棲家は決まったが、いつなのかは決まっていない。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



ハチ
昨日、妻に「ねえ、招待するから、食事を食べた後、映画に行かない」と誘われた。
見た映画は、アメリカ映画で、ハチだ。
午後8時35分上映の映画は、観客が10人もいなかった。
妻が言うには、もうそろそろ上映は終わるとのことだった。
ハチが秋田犬だったことは何だかはじめて知ったことでもあるが、日本犬の表情は何とも言えない。
物語の筋を知っているだけに、最初から涙が止まらなかった。
手拭いとティッシュを持ってくればよかったと、すぐに気がついたが、遅い。
鼻は詰まるし、涙はショッパイし、人間は感情の動物であることを自覚した。
「飼い主が犬を選ぶことより、犬が飼い主の選ぶ」の言葉に、矛盾相即を思う。
そして、思い出す「犬に仏性が有るか、無いか?」の問いに、「そんなことを問える人間様か」と、情けなくなる。
飼い主の突然の死に、ハチは10年以上、自分が死ぬまで、駅で待ち続ける。
思い続けることが、人間だけの感情だとしたら、ハチの中には、何があるのか?
ふとわが家の犬、寧々子は一人留守番を仰せつかり、姿が浮かぶ。
これは物語であり、映画であるわけだが、そんな精神を持つことを願った。


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://yomewomirunowa.blog55.fc2.com/tb.php/108-4552b6fd