錐翁慧勤4

2009/09/09 21:19
禅文化研究所出版の続禅林僧宝伝巻の上に、仏頂可南禅師がある。この仏頂禅師は陽岳寺二世錐翁慧勤禅師の法嗣である。
錐翁慧勤の人柄を知ろうと、仏頂を訪ねてみる。
《師、諱は可南、字は仏頂、霊蟹窟(れいかいくつ)と号す。常陸州鹿島郡札邑の人。姓は藤、氏は藤崎。寛永19年(1642)2月18日に於いて誕(う)まる。時に白光、室を射る。面貌豊満、眉目清秀。額に円珠有って、耳輪、肩に垂れる。人、以って異相となす。(仏頂は、根本寺歴代21世、法系5世。前堂転位における本師は、根本寺の冷山宗仙)

隣並に明蔵寺有り。師の父、常に院主よ善からず。
師七歳、戯れに籬(かき)をうがって果を盗む。院主、たまたまこれを見て、和願温言、来たって師の頭をなず。師、意(こころ)に謂(おも)えらく、「この人、家君と善からず。且つ我れ穿窬(せんゆ)をなす者なり。而してこの人、襟度(きんど)、かくのかくの如し。何ぞこれ仏の道の大にして、この人の量の寛なるや。我れまさにこの道を学んで、この人の如くならんとす」と。ここに於いて頓(とみ)に出塵の志をおこし、ただちに根本寺(茨城県鹿嶋市宮中)にいたり、冷山(冷山宗仙)に見えて度を求む。母氏愛惜し、しばしば寺にいって師を拉(ろう)して帰る。師、また去って寺に到る。かくの如くすること数次。

明年、師、8歳。誓って家に還らず。ついに冷山を礼して剃髪して沙弥となる。山、授くるに句読をもってす。師、すでに吾が宗に直指単伝の旨あるを聞き、記誦(きしょう)を屑(いさぎよ)とせず。山、呵責す。師、肯(うべな)わず、毎(つね)に曰く、「それがし、名聞の徒となって、富貴に阿附(あふ)せざるなり」と。自ら趙州の無字を書し、平居、これに対し、ごつごつとして参究す。
一日、忽然として、山河大地、一箇の無となることを覚知す。もって山にとう。山曰く、「猶お字観の在る有り。すべからく打成一片し去るべし」と。
たまたま一老宿有り、来たり宿す。師、入室して解を呈す。宿、肯わず。師、固執して退かず。宿、呵咄(かとつ)し、灯檠(とうけい)を趯倒(てきとう)して、師の頭上に投ず。師、この事の容易ならざるを知る。後数日、人の『心王銘』を誦するを聞き、「心性空なりといえども、貪瞋(とんじん)体実なり」に到って、従前の疑団、一時に凍釈(ひょうしゃく)す。これよりしばしば妙悟あり。しかれども未だ宗師の験証を経ず。

歳5,出でて行脚し、海を渡って石尤風(せきゆうふう)に遇い、船、まさに覆没(ふくぼつ)せんとず。師、魂銷(しょう)し神喪(しんそう)し、従前の所得底、一も用うるところ無し。深く自ら慚悚(ざんしょう)す。船の岸に着くにおよんで、洞家の一寺に宿す。寺主、夜、経を講じて曰く、「吾が家に鈯斧(とっぷ)の大事有り。たとえば大樹を斫(き)るが如し。一斫(いっしゃく)すれば則ち一斫休し、二斫すれば則ち二斫休す。乃至百斫千斫もまた皆しかり。最後の一斫、ついに打倒了に到る」と。師、聞き得て歓喜す。

これより武(武蔵)に入り、錐翁(錐翁慧勤)に陽岳に見ゆ。翁、師の法器なるを見て、命じて諸方に歴参せしむ。師、江湖に徧遊(へんゆう)す。到るところの老宿、師をいかんともする者無し。
まさに奥(陸奥)の雲居(雲居希膺)に謁(まみ)えんとす。到ればすなわち既に寂せり。たまたま家書、母氏の病を報ず。師、跳駆(ちょうく)して帰省す。母氏、恩愛深厚にして、師の手を把(と)って放たず。師、怒喝(どかつ)して曰く、「母氏、初め我が出家より、もって瞻撥(せんぱつ)に至るまで、我が修道の障害をなすこと甚大なり。我れ常に憶(おも)う、まさに母氏を齕齧掴裂(こつげつかくれつ)し去らんと。今や寿をもって終う。これ幸いなるのみ」と。口角、燄(えん)を噴くく。母氏、恐悚(きょうしょう)して、わずかに手を放つ。家人、もって狂となし、師を別廠(べつしょう)に寘(お)く。母氏の歿するに及んで、師、手づから自ら沐浴殯斂(ひんれん)して喪を治む。時の人、師を目(もく)して、断際(黄檗希運)の再生となすと云う。
師、すなわち錐翁の輪下にかえり、傾竭(けいけつ)参承(さんしょう)して、遂に翁の印可を受け、根本に嗣住(しじゅう)す。時に寺宇荒頽。師、刻意経営し、もって旧観に復す。

貞享元年(1684)正月、阿玉の大儀寺を興造して、その開山となる。檀越稲葉侯正往(まさゆき)観世音の霊像を寄進して、もって本尊となす。師、また総(上総)の水月寺を創(はじ)む。

元禄中(1688~1704)、根本の荘園数百畝、久しく鹿島祠人の侵掠するところとなる。師、これを慨(なげ)き、帖を枢府に掲げて対理すること9年。遂に審豁(しんかつ)して利を獲たり。師の希願、既になる。ここに於いて、頌を嗣子頑極(頑極霊鉄)に付して法を伝え、飄然として去り、また寺に帰らず。

臨川寺(東京都江東区清澄)を深川に営んで居る。たまたま府中地震す。徒衆、皆な避遁(ひとん)す。時に師、風痺(ふうひ)を患い、四肢不仁にして、ひとり丈室に臥して、展転反側、自らもって快となす。震、既にして熄(や)み、徒皆な帰り、室に詣(いた)って珍重す。師曰く、「老僧の病、常に導引を要す。今日の震、天、老僧がために大導引を施すなり」と。

野(下野=那須)の雲巌寺の徹通(徹通祖底)、師をその安禅堂に邀請(ようしょう)して、弟子の礼を執(と)る。
幾ばくも無く、病を示すこと三旬あまり。一日、筆をとり、遺誡(ゆいかい)して曰く、「大衆、大衆。山僧、即今、落命す。大信根ある者は、直に筆下に看よ。向後、若し信心修行の人あって、火難を避けんと欲せば、我れ来たってその難を救わん。水災を遁れんと欲せば、我れ来たってその災いを救わん。若しまた不信心の徒に於いては、火裏に擲下(てきげ)し、水中に投向し去らん」と。筆を擲(なげう)って手を拱(こまね)き、高臥して逝く。
享保元年(1716)12月念八(28)日なり。保寿75,坐夏68。雲巌の西北隅にほうむり、塔を哮吼(こうく)と号す。江府の臨川もまた塔を建つ。

師、門庭?嶮(こうしゅん)、専ら向上の巴鼻(はび)を拈じて学者を接す。槌下(ついか)に多くの英霊の漢を打出す。俳匠芭蕉翁桃青も、また久しく師に参じて、その心印を佩(お)ぶ。
相伝う。師、容儀俊爽。その蚤時(そうじ)、都鄙(とひ)の女児の眷恋(けんれん)する者、鮮(すく)なからず。師の面(おもて)、ことさらに怒気を含む。世俗に仏頂面というは、師に始まるという。
建長寺の万拙(万拙碩誼:建長寺201世明和6年10月7日示寂)、師の像に題して曰く、「人間(じんかん)の慧炬(えこ)、額上の円珠。古仏の師、咳唾棹臂(がいだとうひ)、塵界を衝動し、法身の主、遊戯神通(ゆげじんづう)、毘廬を坐断す。無涓滴(むけんてき)の地、臨川の毒浪を激し、没蹤跡の処、雲巌の精廬を化す。阿呵呵。将に謂えり胡鬚赤と、更に赤鬚胡有り」。
また自讃に曰く、「乾坤を蹈破(とうは)して、日月脚痕。仏祖来たるや、吾が門に容れず。天堂地獄、到る処、尊と称す。咄。一睡一餐」。》



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

 Home