夢を見るのは誰ですか?
Oh My Buddha ! 何てこった!
プロフィール

岳さん

Author:岳さん
終の棲家は決まったが、いつなのかは決まっていない。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



母の中に母が……
いつだったかテーブルの上に一枚の葉書が置いてある。内容は、母名義の普通預金が在るので、心当たりがあれば、信金に連絡してくれという、素っ気ない通知文だった。
だいたい母がそんな信金に通帳を作ったことなど知らなかったし、母が亡くなって10年も経っているのだ。何かおかしいよ……とほっぽっておいた。

しかしテーブルの上に置いてあると、母が語りかけてくるようで、あの世からだ。
葉書に記してある電話番号に連絡をしてみる。電話の向こうでベルが鳴った。

「ハイ、○○信金でございます」と電話の主は、「10年経ったので、お取引のない口座をお持ちの皆様にご通知しております」という。
どこの支店かと聞くと、私の住む地下鉄駅の、ひとつ離れた駅前の信用金庫銀行だった。
「おかしいよ、母がそんなところに口座を持つはずはないよ」と思いながら、どうしたらよいのかを問う。
「来年の三月末までにお取引がございませんでしたら、口座を閉鎖し、当行の預かりとさせて頂きます」と、きたもんだ。

今更どうしてこんな面倒なことが起きたのか、銀行員が口座ほしさに作った通帳ならと、預金された金額も想像がつくし、ホットケばいいじゃないかとの葛藤もあり、「えっ、あのいくらお金が入っているのでしょうか」と聞くと、「それは、お答えできません。ご本人の除籍謄本とあなた様の印鑑証明を窓口に持参して、残高証明を提出して下さい」ときた。
「その残高証明は有料になります」と、この通帳に在るモノは銀行のモノだといわんばかり。確かに、厳密に考えれば、それは手続きを踏まなければ私の物ではない。

頭に浮かんだことは、「いやいやこれは大変だ。年寄りが増えて銀行に残された行く先を失った通帳の数は、凄いことになっているに違いない」などと、これは経済問題や社会問題でもあると、つまらないことを考えてしまうの。

翌日、姉に、この件で電話をした。そうしたら、「あんた、その手続きは大変よ。相続の書類とか、税金の問題もあるんじゃないの」。
「ちょっと待ってくれ、いくら入っているのか分からないんだ。通帳だってカードだって無いし。あったら、とっくにどうにかしているはずだ」と。
姉は、「だったら、ほっとけ、ほっとけ、どうせ大したことではないわ」と電話切った。

「何で亡くなってちょうど10年で、この葉書が来たのだろうか」と思う。だって母は確かに10年前までは生きていたが、それ以前、数年病院に入っていたのだ。その通帳がとても気になった。何が記されて、何が記されていないのかをだ。

この頃は深く母を思い出さなかったかも知れない罰だと、あの世からの連絡文のような、乗っかって遊んでみようかと。
自由な発想というより、気ままな発想から、母を思うとき、私は母の子供になっている。
当たり前のことであるが、その子供は小さかったり大きかったりさまざまだ。

亡くなって母を思うとき、その母もきっと同じように母を思っていたのだろうと頭の中に浮かんできた。
ウッ、待てよ、その母も、その母も、その母もと、この連鎖は何だろうか。私の母の中に連鎖が生じている。

でもこのことは、父も同じことになる。同時に、これは父母の中に子供を見ることでもある。共に終わりない連鎖が生じる。これぞまさしく永遠そのものだ。
こんなところに、私の永遠(連鎖)を発見して楽しい。
母を思うことはその先の、更にその先の対象を含んでいるはずだ。
第一、母だって、母でない自分を持っているではないか。子供の頃があり、少女の頃、娘時代、中年晩年とだ。

これは言葉うえか。現実には、一瞬の今しかない。
しかし、その一瞬に、厳密には永遠性というものが含まれている。そこから連想するば、木々も草も、宇宙とは永遠性そのもの。自分がいかにちっぽけな者であってもだ。

面倒くさいけれども、この世にいた母の足跡を訪ね、その足跡を消してしまおうと思った。
私の子ども達にとっては、父を思うその父に、子ども達がどう思おうと、母が含まれているから……。

そして姉二人に、思い掛けない母からのクリスマスプレゼントを渡そう!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://yomewomirunowa.blog55.fc2.com/tb.php/168-22815148