夢を見るのは誰ですか?
Oh My Buddha ! 何てこった!
プロフィール

岳さん

Author:岳さん
終の棲家は決まったが、いつなのかは決まっていない。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



陽岳寺ホームページを見て……
陽岳寺のホームページは今後、新命さんがするようにと言っのは8月初めのことだった。
やっと出来上がったホームページを、今日見て、今時の形になっていた。

ああ、”虹の彼方に!”が消えてしまった……

私の作ったホームページは、技術的にも、お粗末であり、形はどうでもよかったと開き直っていた。
だいたい見てもらいたいという気持ちは、少なく。ただただ発信することだけを念頭にして作ったモノだからだ。

だからタイトルも、当初、お寺の名前は前面に出していなかった。
”虹の彼方に!”というタイトルも、曲の名前からとったものの、「山の彼方の空遠く、幸い住むと人のいう」という、詩をもじったものだった。

山の彼方の空遠くに、掛かる虹の架け橋を思い画いていたのだ。
そして、今のブログが、”夢を見るのは誰ですか?”、何か関連がありそうでしょう?

言葉そのものは、大慧宗杲禅師という我が臨済宗では仰ぎ見る存在が書いた「大慧書」に出てくる言葉だ。
この問いかけは、欺瞞や驕り、侮りに傲慢と、心の波立ちのたびに、脚下照顧です。

いつも、自分に問いかけているし、自分以外でも問いかけてもらいたいとも思っている。

ああ、消えてしまった。でもまだぼんやりと残っているようだ。

ところで、副住職を取得したものの、住職への道は、7年もかかると、先輩の住職に言われた。
7年かけて、一年ごとに、3年ごとにと、一つ一つ、位を上げて行かなければならないという。
宗制という決めごとをほとんど読んでいないので、知らなかったが、そうなってしまったのだと言う。

何かよく分からないことだ。僧職の身分は、本山が決めることでもあるが、本当に決めるのは檀信徒であり、地域の人々だ。僧籍の位など、世間の人には意味が無くなっていることでもある。

人が亡くなり、この和尚さんに、あの和尚さんに、せめてお経だけは読んでほしいと頼まれたときに、僧籍が授与されたことでもある。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://yomewomirunowa.blog55.fc2.com/tb.php/182-4d8c9d7f