いただきま~す!

2011/08/11 14:57
今年も、9月過ぎて明治小学校では、9月20日ふれあい給食会が催されます。

毎年のことで、3年生の全クラスでお年寄りが子ども達と食事をして、そのあと、交歓会が催されます。

お年寄りは、昔のお話しを、子ども達はとっておきの、音楽や遊戯などです。

控え室に勢揃いしたお年寄りは、1人ずつ子ども達から名前を呼ばれて、「は~い!」と返事をし、手を取り合ってクラスに行きます。

クラスは4人が坐れるように椅子がそろえてあり、お年寄り1人に、子ども達3名が坐ります。

全員が着座すると、先生が歓迎の挨拶をしてくれます。そして、給食が配られます。全員に配られた給食を前にして、代表の子どもが大きな声で発声します。

「いただきま~す!」と。

すると子ども達もお年寄りも全員誰もがです。自分の胸の前に手を合わせて「いただきま~す!」と食事をします。

昔と変わったことは、会話が旺盛なことです。楽しく食事をする風景を見慣れている私は、新聞の、「いただきます」もしない学校の食事風景が考えられないのです。

当たり前の景色ですから。

街の格差が広がっていることでしょうか。

先日、火葬場でのことでした。
お婆さんが、孫たちとふれあっていました。お婆さんの膝の上にのせて、甘える孫たち。

時折、お婆さんは、「だめですよ」、「いけません」、「お行儀が悪いです」と孫をしかります。

しかられた孫は、素直に、しかられたままに、和んでいました。

この孫たちは、当たり前のように、「いただきます。ごちそうさま」と言うのだろうなと見ていたのです。



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home