お墓参りに願うものは……。

2011/08/14 11:05
長男坊が1人、汗をかきながらもお墓参りにきた。

ワイシャツ姿に、「会社・仕事中?」と聞くと、
「いえちょっと」という。

「どうしたの?」としつこく聞くと、
「彼女の両親の所に行くので」と。

「いくつになった」と。
「35歳になる」と。

「よかったね、おめでとう。彼女はいくつ」と聞くと、
「29歳です」。

「ちょうどいい年齢かも知れないね」と。

「お母さんも喜んでいるでしょう。心配してたものね」というと、
「そうでしょうか」と。

「そうに決まっている」と。

「弟たちは、結婚が早かったので、慌ただしく子どもが出来て、結婚生活も子育てと、時間が過ぎ去っていったけれど、じっくりと、彼女を大事にして、結婚生活を味わい育てて下さい」というと、
「有り難うございます」といい、2件分の線香とシキミをもちお墓に報告と、お願いをしにいった。

随分と大人になったような、落ち着いた彼だった。

1人、彼女が隣に座り、ご両親に挨拶する姿が浮かぶ。幸せの真っ只中だ。



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home