もうだいぶ以前のことです。京大全共闘で活動した北小路敏という政治家とタクシーで一緒に移動したことがありました。

その北小路敏さんがいった言葉、「トロツキーやエンゲルスにしても、彼ら個人は家族にとっては、善い父親であり、子供であったのです」が、今でも印象に残っています。

世界をくくるものはいろいろあると思う。家族と遺族、メッセージがあるのは遺族だ。

世界には肌の違い、宗教・政治思想・様々な隔たりが人間にはあります。

でも気づいたことに、70億の人類のすべて、先人たちの遺族であることだった。
2011.11.28 Mon l つぶやき l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yomewomirunowa.blog55.fc2.com/tb.php/246-d53b227d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)