仏性

2011/12/08 21:22
釈尊仏陀は、「一切衆生悉有仏性」と、全ての生きとし生けるものに仏性があると、2500万年前に話されました。

赤ちゃんにも、それこそ、牛や植物にも、つまり、森や海、空にも、地球にも宇宙にもと理解できます。

地球が誕生して50億年、生命が誕生して35億年、50億年を経て誕生した人類の都合で、人類を育んでくれた地球の汚染を止めなければならないと思う。

人類は海から誕生したとも言われている。その海も汚染され、土も水も風も、人間の都合で汚してよいものだろうか?

今生まれた赤ちゃんは、50億年の営みの中から生まれた命だ。その命は、内部被曝や放射線の汚染で、次の命を育む命だ。

人間の寿命の半分以上を生きた人間こそ、次の命を何が何でも守らなければならない使命があるはずだ。

赤ちゃんを育む母という命にとっては、その50億年という重みの責任にあえいでいる。

「一切衆生悉有仏性」が問われている。

心を開け。



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home