夫婦

2008/03/25 12:16

 ネットで、「妻とは?夫とは?」と検索してみると、様々な問題があり、よむと面白い。

 なぜ?

 夫婦とはと考えた場合に、具体的な言葉は、在りすぎてないともいえます。それは、夫婦という関係において築くものの、あまりにも時間が長く、その長い時間に、目的は刻々と変わりながら、その関係の中の分担も変わり続けて、発展し、修復し、補完し、破綻し、永続し、終わりがないとも思ってしまいます。

 ハッキリと言えることは、依存しあう関係であるといえることです。これは、二つで一つのものと考ると、その一つ一つは、様々に正反対のものであり、もっとも、正反対であるからこそ一つになりうるものなのですけれども、一つ一つ、自己を持っていることでしょうか。ものの見方一つにしても、おなじみ方ではなく、だからこそ、二人して寄り添うことができるのですが、そのことを意識しなければ、関係を成り立たせている情報の交信が絶たれてしまいます。

 確かめて、修復し、補完して、発展してと、この作業を知らずに行って、30年、40年、50年とたった夫婦は、「おまえ百まで、わしゃ九九まで」という理想の姿においても、「共に白髪が生えるまで」で、その先のことは、夫婦という一つが、残るところは、そのこしらえたものによって支えられるきりしかない。

母とは、父とはと、理想の姿はあるもののです。




Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home