夢を見るのは誰ですか?
Oh My Buddha ! 何てこった!
プロフィール

岳さん

Author:岳さん
終の棲家は決まったが、いつなのかは決まっていない。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



希望

 普通の、そして平々凡々の毎日がいかに幸せなことか、そして、今日から、たとえ親しい者がいなくなったとしても、それこそ、普通の、平々凡々の毎日が続くことになります。

昨日まではそれでもまだ親しかった愛するものの亡骸が、何かを話してくれた。

「私を独りにしてしまった」と電話口で話された人の言葉が、耳に残っています。

寂しいでしょう、いたたまれないでしょう。

 いつも人の死は突然のことです。

 平々凡々の毎日のなかの、人の行為は、必ずといってよいほど、明日への希望です。朝起きるのも、食事をいただくのも、眠ることも、買い物に出かけることも、それこそ、インフルエンザのワクチンを打つことも、すべての人の行為は、明日生きるための希望といってよいでしょう。

普段の私たちの毎日は、このように成り立っていますが、当たり前のことが、希望だったとはと、気がつくのは、いつも、後でです。

だからこそ、毎日の平々凡々のなかに、大切で、大事な一挙手一投足があることを、忘れないでくださいと思うのです。

 



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://yomewomirunowa.blog55.fc2.com/tb.php/32-974cd2b9