How many roads must a man walk down……

私が20歳ぐらいの頃だったろうか、この歌が街頭にあふれていたのは

それは…………

大砲の弾が飛び交う下で、普通に、人が誕生し、恋をして、老いて行くことを思ったことがあるのか?

無残な死者となることを誰が願って生きているものか?

首をかしげ、目を閉じ、言葉が無意味となる光景

あれから何年経っているだろうか、ボブ・ディランは幾つになっただろうか。

それが、まさか、地獄の中で生き抜く人間達が作ったおとぎの国の物語を現実しようとは

ただ願うことは、見えない叫びを目で聞け、地に倒れた人の思いを耳で見て欲しいだけ

その答えは、風に吹かれて……風となって……

答えは 風の中に……人の中に……
2014.10.27 Mon l つぶやき l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yomewomirunowa.blog55.fc2.com/tb.php/321-c9b8ffed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)