夢を見るのは誰ですか?
Oh My Buddha ! 何てこった!
プロフィール

岳さん

Author:岳さん
終の棲家は決まったが、いつなのかは決まっていない。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



彼岸

彼岸というとき、そこに隠れているものは、こちら側(がわ)ということです。 こちら側に住んでいる人は、あちら側の岸は見えません。 だから、あちら側の人は、こちら側が見えるのか、気になることなのか、解らないのですが、こちら側の人の想いは強く、創造をたくましくこしらえることができるのです。

 こちら側の人の居場所は、今・ここですが、あちら岸は見えないのですから、過去や未来とも考えることができないでしょうか。 何故なら、過去や未来は、決して、今・ここではなく、歩むことはできないからです。 過去や未来は、今・ここがあるから、誕生していることなのではないでしょうか。 彼岸も同じことが言えるとすれば、こちら側があるから、あちら側があるのであって、こちら側が亡くなれば、あちら側もなくなると……。

 禅宗の書物無門関の第一則に、「釈尊や達磨大師のように自己を見たものは、親しく趙州にお会いすることができるし、歴代の悟りを開いた和尚たちと手をとって共に行き、眉毛を互いに結びあって、祖師達と同じように見て、同じように聞くことができる。なんと心地よいことではないか」と書いてあります。

 

 明治、大正、昭和、平成と生き抜いた、九十七歳のお年寄りの葬儀をしたことがありました。決して丈夫な人ではなく、かえって小さな人でした。 恵まれて豊だったわけではなく、四人の子ども達に恵まれたといえるものの、こつこつと下町で奉公し、独立しては、よく働いた人でした。  震災があり、戦争があり、子どもを亡くし、八十四歳の妻を亡くしと、じっとこらえて、見据えてきたのだと思います。計り知れない、止めどない、心の一喜一憂をです。 それがこの人の強さかもしれないと思ったのです。

 長男の奥さんは「頑固だった」というけれど、幸せの真っ只中の四十一歳の子どもを亡くし、その家族の妻や子ども達の行く末に心を痛め、力強い妻の立ち直れない病気に遭遇しては動揺し悩み、自分までもがおぼつかなくなってみれば、人の弱さや強さという秤(はかり)のむなしさ、そして、移り変わることの負の面である、一時性を知ったことでしょう。

 そうした姿を子ども達から見るとすれば、現実という移りかわる世界に、身を置いて次々と揺り動く父親の姿は、確かな存在ではないことがわかるでしょう。 本来は、現実を切り開いて進む困難に、苦悩する顔を持つはずです。 その確かな存在ではない父親を、確かな存在とするために、どうしても、「頑固さ」が必要なのだと考えてみました。

 その長男の奥さんは、六十七歳を過ぎた夫に、「貴方も頑固よね」と言った言葉が、とても印象に残りました。

 

 そこでふと思ったのですが、禅宗の書物無門関の、「釈尊や達磨大師のように自己を見たものは、親しく趙州にお会いすることができるし、歴代の悟りを開いた和尚たちと手をとって共に行き、眉毛を互いに結びあって、祖師達と同じように見て、同じように聞くことができる。 なんと心地よいことではないか」と書いてある言葉でした。

 年齢を加えて、「父親と同じように見て、同じように聞くことができる」。 そこに、父親がいるではないかと、母親もいるではないかと。

 父や母の姿を見て育った私は、父とは時代や環境が違うものの、父の歩んだ年齢を追ううちに、父も同じように見ていたのだ、母もそうだと悟ったとき、そこに厳しかった父、ずぼらな父、酒飲みの父、優しかった母、いつも子ども達を見守っていた母、泣いていた母の気持ちが、やっと理解できるようになったとき、父や母が、なんと身近に思えることができたと。

 

 せんだても、秋になって「夕刻からの虫の音に、母を思い出す季節です。」の出だしのお手紙をいただいたことがありました。 母は亡くなってしまったものの、母と二人で過ごした秋の夜を思い出し、自分が母となり子となり、すぐ近くに母の笑顔が、父の便りを待つ母の面影が、虫の音とともに甦るかのようです。 この人も、母と同じものを見つめている。

 人は、こちら側とあちら側の岸を、いとも簡単に飛び越えて、まみえることができるのだなと思うのです。



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://yomewomirunowa.blog55.fc2.com/tb.php/36-fb22c61d