第158回芥川賞が、平成30年1月16日発表されました。受賞した小説は、「おらおらで ひとりいぐも」で、作者は、岩手県東野生まれで、上京し、東京オリンピックの時に結婚、二人の子どもを得て、55歳で夫と死別して、63歳で芥川作家になった若竹千佐子さんです。
小説の主人公の年齢は、若竹千佐子さんより11歳上で74歳の高齢者で、夫と死別し独り暮らしする女性を書いたものです。
若竹さんは標準語を使っていましたが、夫との死別後の生活のなかで、「心の中で、私を励ますもう一人の私が岩手の方言だった。方言だと正直な私が表れた。私は孤独じゃないと思いました」と語っていました。小説の中の主人公、桃子さんは、また若竹さんの殻を背負った人物なのだろうと想像させます。
若竹さんは、ご長男から進められ、小説講座で8年間勉強したのですが、ご長男は母の物書きの才能を見抜いていたようです。そして初めて書き上げた作品が賞を得たのでした。
作品は「老いの積極性を描きたい」と考え通りに、まるで若竹さんが歩んできた道を語っているようでした。若竹さん自身が、「生きてきた経験から青春小説とは対極の玄冬小説」という新たなジャンルまで用意しての登壇でした。
小説の中で語られる言葉は、青森弁なのか岩手弁なのか、その差もわからない私ですが、東北弁のもっている独特の響きが、切迫した心象風景のはずなのに、訛りに引っかかることがもどかしいのですが、かえってそれが、おおらかで土臭い雰囲気をかもし出していたデビュー小説でした。
作品の内容は、夫と死別して、子供たちから独立した74歳の独り暮らしする女性の生活が描かれています。主人公は桃子さんという名前ですが、表相の桃子さんと、桃子さんの内側で語り出す桃子さんのような女性。さらに突然と現れるというのか、隠れていた人も含まれて登場します。
ですから心の中に描かれる、妄想・奇想・内面の言葉が怒濤のごとく頭の中に氾濫し、現実なのか虚妄なのか、死別した夫の言葉なのか、それとも桃子さんの無意識下の言葉なのか、葛藤しつつ老いの身の日常が進んでいくという現実が、迫っていて、それが却って現実性をおびて面白おかしくして内容が進んでいきます。
ところで、早朝、寺の前の歩道の掃除をしていると、必ず何人か、真っ直ぐと前や下を向いて散歩するお年寄りや、犬の散歩をする人たちを見かけます。時に口を動かしながら、モゴモゴして、何を話しているのか、誰と話しているのかわかりません。若い人はカラフルな服と靴で、ジョギングで通り過ぎてゆきます。お年よりは、ただ歩く、そしてただしゃべる。その口から外へと飛び出さない言葉の会話、独り言の多さを改めて気づきました。
先に旅立った亭主が桃子さんに、話しかけてきます。桃子さんの健康を心配して、身体を心配して、心を心配して、未来を心配してですが、時に桃子さんはそれが煩わしくてしょうがない。でも、人が言語をおぼえた意味は、こうしたことにあるのではないかと思えるのです。大昔、狩猟民族とか農耕文化とか、畑や田んぼで、山に芝刈りに、川や海で、山や空や木々魚に鳥たちと話さないだろうか?しかも自由に相手を選べます。口から外へ飛び出さない言葉は、振り返って見ると、こうして文章を書いているのも目には見えない、相手があるからだろう。桃子さんと同じだ。
「おらおらでひとりいぐも」と言いながら、誰もいなくても、孤独でも、本当に一人というのは、眠っているときだけなのかも知れないが、時に、その夢の中に起こさせるものが出ることもあるのだ。
仏教ではというより、現実は、含んでいながら含まれている、選んでいながら選ばれているという相反するものは同時に矛盾を媒介として成り立っています。あっちから見たら、こっちから見たら、あっちに話しかけこっちに話しかけて、時間が過ぎて、疲れたらただ眠る。人は動かされて動き、いつしか動いているのですが、それもあっちから見れば、動かされていた。エッ何って? 時間・場所・対象・意味……にです。
ところで、題名の、「おらおらで ひとりいぐも」は、「私は、私で一人で生きる」なのですが、この言葉は、宮澤賢治の「永訣(えいけつ)の歌」の中の「Ora Orade Shitori egumo」で、「一人で逝くです」。
賢治の妹“とし”の臨終で、妹の最後の兄への願いは、病室の外の雪を、幼い頃から使っていた兄とおそろいの藍茶碗に注いでくれとの願いでした。「おらおらで ひとり逝ぐも」と妹の声。
賢治は、室外の松の枝に積もった雪と氷の層になった雪を椀にいれて妹に飲ませます。
「私は その上に 危なく立ち、雪と水との真っ白な二相系をたもち、透きとおる冷たい雫に充ちた、この艶やかな松の枝から、私の優しい妹の最後の食べものを貰っていこう」とこの雪を表現しています。
賢治は、「この雪が兜率天の食べものに変わって、人のために悩むように生まれてくることを、私のすべての幸いをかけて願った。」と記しています。
妹は「次に生まれてくるときは、こんなに自分に苦しまないように生まれてくるからね」と賢治に次の生を願ったという。このとき妹の苦しみは苦しみながらも苦しみではなくなり、安らかな死を迎えたという。これを色即是空、空即是色と表現すればよいのでしょう。
法華が法華に転じるとも言われています。桃子さんが桃子さんに転じるその様は、「桃子さんの頭の中には、心の中に、意識の中に、口から飛び出さない言葉があふれていました。どうやら声は内側から聞こえてくるのだと桃子さんは知っている。では(亭主への)通路は、あの世に繋がる通路は桃子さん自身の中にあるというのか。そこまで考えて桃子さんはのど奥でひゃっひゃっと声にならない声をあげて笑う。なんじょ(如何)たっていい。もう迷わない。この世の流儀はおらがつくる。――――水を張った雑巾のバケツに映る白い雲、ありがたい。犬の遠吠え、ありがたい。左手人差し指ささくれ、ありがたい。なんだって意味を持って感じられる。それにしても、亭主亡くなって以来、口をついで出るのはそのことばかり。おらの人生は言ってみれば、失って得た人生なのだ。失わなければ何一つ気づけなかった。
引き受けること、委ねること、二つの対等で成り立っている。おめとおらだ。
おらは生きで死んで生きで死んで……気の遠ぐなるような長い時間をつないでつないで……今、おらがいる。そうまでしてつながっただいじな命だ、奇跡のような命だ、おらはちゃんと生きだべが。」
「おらは後悔してねっす。見るだけ眺めるだけの人生に、それもおもしぇがった、おらに似合いの生き方だった。んだも、なしてだろう。ここに至って、おらは人とつながりたい、たわいない話がしたい。……それでほんとうにおらがおらが引き受けたおらが人生が完結するのでねべが。……赤子のように桃子さんは泣いた。」

法要や葬儀など文章作りに追われて、小説など読書することが少なくなりました。興味ある本の購入は続くけれども、なかなか読み進みません。この小説の主人公桃子さんは、作者の若竹さんのデフォルメなのでしょうか?お年寄りにとっては指針になるものです。ぜひ読んで頂きたい。
幻聴も迷いも今の姿だからこそ、素直にその様子が伝わってきます。現実は、苦しめば悩めば、苦しむほど悩むほど、その先に赤子のような純粋なあるがままの姿があることを祈っています。
2018.04.15 Sun l こころ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yomewomirunowa.blog55.fc2.com/tb.php/388-5f8af82e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)