夢を見るのは誰ですか?
Oh My Buddha ! 何てこった!
プロフィール

岳さん

Author:岳さん
終の棲家は決まったが、いつなのかは決まっていない。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



龍おたずねの龍は、京都在住の中村陽一氏の作品です。

氏は関西を中心として作品を発表しています画家です。アクリル水彩を得意としてるのではないかと思います。

この龍の作品は、妙心寺総門を描いて、妙心寺山内上空を外護している龍を描いています。

妙心寺法堂の龍が、外に飛び出し、山内はおろか、妙心寺派の仏法を外護するものですが、外護しないものに対するものも含まれていると自戒しています。

なお勝手に、妙心寺派の宗旨を説明すれば、宗祖関山慧玄の三転語を忘れないと言うことではないでしょうか。

?「本有円成仏(ほんぬえんじょうぶつ)なんとかして迷倒(めいとう)の衆生となる」

?「慧玄が這裏(しゃり)に生死(しょうじ)無し」

?「柏樹子(はくじゅし)の話に賊機(ぞっき)有り」

 この三転語を眼にすると、自分に突きつけられたような気持ちがします。しかし、妙心寺のホームページには、この言葉に関する言葉は一切記されていませんでした。生活信条とかはあるものの……です。

そして、開山無相大師の最期の教え「請う、其の本を務めよ」と、開基花園法皇の「報恩謝徳」の聖旨による仏法興隆を実践する教団といえばよいのでしょうか。

龍が足でつかむ玉を持つゆえ、龍は天に昇り、河に遊ぶこともできません。



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://yomewomirunowa.blog55.fc2.com/tb.php/83-031b36c0