釈尊はいいます。もしすべての現象が互いに含まれあっているのなら、あるものが別のものそのものであるのなら、どうしてあるものを避け、別のものを追う必要があるのでしょうか。

 生死の中に涅槃があり、涅槃のなかに生死がある。

 涅槃と生死は二つの別々の現実ではないのです。

涅槃を求めるために生死を拒絶しようとするならば、すべてのものの相互依存という性質、つまり空と無相をいまだ把握していないということです。

何かを追い求め、あるいは何かから逃げたりしないためにも!

2009.07.05 Sun l つぶやき l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yomewomirunowa.blog55.fc2.com/tb.php/95-af216939
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)